低学年に進研ゼミプラスのタブレット学習は向いている

進研ゼミのタブレット型学習「チャレンジタッチ」は低学年のおこさんにはみっちりではないかと考えられます。先ず、今までの進研ゼミのように、親が「やりなさい」って言わなくても、ゲームのように遊びのように子供から向かえる。採点もタッチがしてくれるので、親がする必要がない。また、低学年の時の、書き順は、親も一から見るわけにもいかず、気がついたら、物凄い書き順で書いていることがありますが、タッチだと、書き順を間違えるといった「わあ?」と言ってくれるので、子供も素直にやりなおしています。また、筆圧が少々でるようにできているので、必ずや低学年には自学自習のためには喜ばしい教材だと考えられます。また、解説もアニメもののキャラクターが教えてくれるので、一人でちゃんと学習できますし、単元が終わるという、メールで親にも知らせてくれます。よくやったねってメールするという子供もうれしがります。もちろん、インターネットにはつながらないようになっています。やれやれといった言わなくてもやれるし、親も怒らなく済むのでストレスがありません。付録がないのも、片付けが困らないので、親は楽だ。兄の時、結局ガラクタ化していましたから。赤ペンというテストは紙で来るのもすばらしい点だ。高学年として、おおかたインターネットも欲しくなるかもしれませんが、低学年にはびっちりだと考えられます。スタディサプリは通信教育満足度NO.1